エジプト旅行記★ドッグストリート

dogstreetm.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:2日目 美しいアレキサンドリア( 1 )


2009年 04月 11日

2日目 地中海の街 アレキサンドリアへ

朝、まあちゃんの予告通り、6時のモーニングコールで目が覚めました。普段はいつまでもおふとんに入っていたい方なのですが、旅行中は違います。3時間しか寝ていないのにも関わらず、すっきりと起床。

ホテルの分厚いカーテンを開けると、そこには、ギザの三大ピラミッドが!

b0145154_19363969.jpg


おぉぉぉっ、エジプトだ!ピラミッドってカイロの街のすぐそばにあるんです。というか、ピラミッドを囲むように街が発展してきたのですね。
早く行きたい!近くで見たい!という気持ちを抑えて(ピラミッド探検は明日!)モーニングを食べに部屋を出ました。

b0145154_19391644.jpg


ホテルのビュッフェ。おなかがすいていたので、いっぱいとっちゃいました。


b0145154_1531098.jpg



朝ごはんをしっかり食べたら、アレキサンドリアへ出発です。
ロビーには、まあちゃんが、今日はちゃんと迎えに来てくれていました。

地中海に面したアレキサンドリアはカイロに次ぐエジプト第2の都市。紀元前4世紀、アレクサンドロス大王によって建設された街です。その後、紀元前30年にエジプト最後の女王クレオパトラの自害により、プトレマイオス朝は滅亡しローマ帝国の支配下に入ります。

クレオパトラの宮殿は海底に沈んだまま。どんなに壮麗で素晴らしい宮殿だったのでしょう。そんなことを考えながら車に揺られること約3時間。

アレキサンドリアへ向かう車。カラフルな塗装が多かったです。

b0145154_2261379.jpg



途中で休憩。サービスエリアもキッチュでカラフル。

b0145154_2281816.jpg


b0145154_2283844.jpg



これは鳩小屋。鳩はエジプトではポピュラーな食べ物です。

b0145154_2314451.jpg



アレキサンドリアの街に入りました。アラビア語の看板。読めません。。。

b0145154_2343059.jpg



この日のメインは『アレキサンドリア国立博物館』です。1926年に建てられた宮殿を改築した博物館。展示品はそれほど多くないのですが、海底からの発掘物はとても見応えがあります。

b0145154_22444441.jpg


b0145154_2422256.jpg


b0145154_2425072.jpg


b0145154_243133.jpg



これはアロマポット。

b0145154_2433525.jpg



これはワインの壺。土に埋めて使っていたそう。

b0145154_2445977.jpg



アヌビス神。ミイラ作りの神様です。

b0145154_2455545.jpg



ミイラを入れる木製の棺。

b0145154_2464755.jpg



ガラスではなく水晶のグラス。

b0145154_2491078.jpg



戦いに使った?盾。

b0145154_250689.jpg



アラビア語で書かれたキリスト教の聖書。

b0145154_250539.jpg



博物館を堪能した後は、車で次の場所へ。メインの通りから裏通りへ入ると、そこで暮らす人々の生活が見えてきました。

b0145154_323094.jpg


b0145154_33269.jpg



アレキサンドリアのタクシーは黄色と黒のツートンカラー。

b0145154_34266.jpg


b0145154_35262.jpg


b0145154_353081.jpg


b0145154_355956.jpg



次の観光地は『コームッシュアーファのカタコンベ』。1900年頃、ロバが穴に落っこちたことで発見されたという場所。井戸みたいな入り口がぽつんと開いていて、そこから中に入ると、螺旋階段でどんどん地下深くへ。元々貴族の墓だったものが3世紀以降一般の共同墓地となったもの。いくつもの小部屋に分かれていて、地下とは思えない広さです。残念ながら写真はNGでした。


これは入り口付近に置いてあった石の棺。

b0145154_21304255.jpg



そこから北へ車で10分ほど行くと少し小高い丘になった場所に、1本だけ柱が立っています。これが『ポンペイの柱』。ローマ皇帝ディオクレティアヌス帝が建てた図書館の柱。高さ約27m、継ぎ目なし!の花崗岩でできています。もともとはこの柱は400本ほどあったらしいけど、今はその柱はどこに???

b0145154_21364338.jpg



下の方の赤い服を着ているのが私です。大きさ伝わります?

b0145154_21374284.jpg



地下には教会があったらしい。入ることもできます。エジプトって地下好きなんだね。

b0145154_21422154.jpg



そしてお昼ごはん。ここのレストランでは魚介類がガラスケースに入っていて、好きなものを選んで調理してもらうみたいですが、私たちのはすでに決まってました。まずは焼きたてのアエーシ(ピタパン)と数種類のディップ(ゴマのペーストや焼きなすのペーストなど、いろいろ。どれも少し酸味が効いていて美味しいです)でメインディッシュを待ちます。

b0145154_21481110.jpg



メインはお魚。なぜかサーブされたのはこの向きでした。ハーブとオリーブオイルがきいていて美味しいです。アラブ料理というより、地中海料理?なのかな。付け合わせのごはんはサヤーディヤと呼ばれる味付けご飯です。

b0145154_21501894.jpg



そして、窓から見える素晴らしい景色。この海のどこかにクレオパトラの宮殿が。最近テレビでよくみかけるエジプト考古学庁長官、ザヒ博士によると、クレオパトラの墓はここから西に50kmにあるタップ・オシリス・マグナにあるという(発掘途中)。そこにも行ってみたいとまあちゃんにお願いしてみたけれど、遠いから無理ですとの答えでした。残念!

b0145154_2157874.jpg


食事の後、今度は『カーイトゥーベーイの要塞』へ。この要塞は比較的新しく、15世紀マムルーク朝のスルタン、アシュラフ・カーイトゥベーイにより建てられた堅固な要塞です。青い空に白い石造りの建物が美しい。

b0145154_2213555.jpg


b0145154_222723.jpg


b0145154_2223939.jpg



ここから煮えたぎった油を敵めがけてかけたらしいです。

b0145154_2233615.jpg


b0145154_2252163.jpg


b0145154_2254792.jpg



ここまでで、アレキサンドリア観光は終了です。もっと時間に余裕があれば1泊してゆっくりと海に沈む夕日を眺めたり、海辺を散歩してみたかった。もういちど訪れたい街です。

帰り道、さすがに前日の睡眠不足もあってか車の中でぐっすり眠ってしまい、気がつくとクラクションと砂煙の舞うカイロに着いていました。昨日はバタバタしていてどんなホテルか見る余裕もなかったのだけど、改めて見るとすごく素敵なホテルです。

b0145154_22161718.jpg


メリディアン・ピラミッズ(ミルディヤーン)
Midaan il-Remaaya Alexandria Rd.
日本の予約先 0120-09-4040
http://www.starwoodhotels.com
S 180〜210US$ W 210〜240US$
税+サービス24%別途

夕食はホテルのビュッフェにて。昨日ハプニングに巻き込まれたご夫妻とご一緒させていただきました。お孫さんもいらっしゃるというおふたりでしたが、おふたりで海外旅行によく行かれるそうで、なかでもアメリカのナイアガラの滝が素晴らしく、自然の美しさにかなうものはないねとのお話が印象的でした。

b0145154_22271845.jpg


そして素敵だったのは、ブランドもので、いかにも!というファッションではなく、上品な輝きのアクセサリーをつけられていたこと。海外旅行というと斜めがけカバンを肌身離さず、アクセサリーなんてもってのほかみたいなファッションの日本人が多い中、さりげなく上品なおしゃれができるのってかっこよかったです。次回からは、私も見習おうと思いました。

明日は、今回の旅のメインイベント、ピラミッド観光です。興奮して眠れないかも。。。

3日目 ピラミッド三昧 は こちらから



1日目 カイロ着!? は こちらから

2日目 美しいアレキサンドリア は こちらから

4日目 ファラオたちが眠る王家の谷へ は こちらから

5日目 エジプトの空~気球に乗る は こちらから
[PR]

by dogstreet-mario | 2009-04-11 23:00 | 2日目 美しいアレキサンドリア